注目されている理由を調べてから申し込みをしよう

切らないフェイスリフト

女性

深部まで届く超音波のフェイスリフト

高密度の超音波を用いたフェイスリルトは、仙台の美容クリニックが今最も力を入れている分野です。もともと高密度焦点式超音波は、肝がんや子宮がんの治療に用いられていました。その際に、熱をもたらすと皮膚の細胞が収縮して引き締められ、リフトアップの効果があることが発見されたことでアンチエイジングの分野にも応用されることになったのです。確かに、導入コストが高いのが高密度焦点式超音波ではありますが、マシンの高性能化により回転率が良くてショットの単価の低価格化を実現することができるようになったことで、美容クリニックで広く導入が進められるようになったのです。仙台の美容クリニックでは特に力を入れていて、比較的安価で施術を受けることができるようになり、普及に繋がりました。カートリッジ式であり、カートリッジを付け替えることで皮膚の浅い層から深層部まで幅広く超音波を照射することができ、あらゆるフェイスリフトに効果をもたらすことができると評判のアンチエイジングです。

高密度焦点式超音波の場合、サーマクールやレーザー治療では届かない表在性筋膜層に超音波を照射してフェイスリフトをすることができることが特徴です。今までは、皮膚の深層部へのフェイスリフトを行う場合、メスをいれることが前提となっていました。美容用の糸を皮膚の下に埋め込んで、リフトアップ効果をもたらす方法が広く用いられてきましたが、高密度焦点式超音波の登場により、美容整形手術の必要もありません。仙台の美容クリニックでは積極的に高密度焦点式超音波の導入と推進に力を入れています。カートリッジは深層部である表在性筋膜層にもスムーズに超音波を届けることができるため、皮膚の奥深くにある表在性筋膜を引き締めることでたるみを解消することができるというメカニズムは、他の美容機器には見られない技術です。安全性が高く、また、ショット1回あたりの単価も安いので、仙台の美容クリニックでは積極的な導入が進められています。今まではたるみの解消が難しかった二重あごにも働きかけることができます。

Copyright© 2019 注目されている理由を調べてから申し込みをしよう All Rights Reserved.